ガジェット

『AppleWatchSE』でSuica利用が簡単で、かなり利便性が高い

最初は設定が面倒かな、と思っていましたが、Apple Watchでのsuicaの設定は思ったよりも簡単で、何より想像以上の利便性に驚いています。
(そしてちょっと楽しいです)

今回設定するのに使用したのは、

・Apple watch SE
・iPhone SE(第一世代)
・クレジットカード(Suicaチャージ用)

です。
できるようになって利便性の高さを感じているのは、

・電車の改札
・コンビニなどの支払い
・新幹線のスマートEX

この3点です。

AppleWatchにはさまざまな機能がありますが、この辺りは最も利用する機能となっています。

iphone側にFelica機能がなくても問題ありません。

設定や利用方法は簡単なのでぜひ利用してみてください。

設定の流れ

冒頭でも書きましたが、

・Apple watch SE
・iPhone SE(第一世代)
・クレジットカード(Suicaチャージ用)

があれば設定可能です。
今回行った大まかな手順は下記の通りです。

Apple WatchへのSuica登録の流れ

・iPhoneSEにSuicaアプリをダウンロード
・SuicaアプリでSuicaを発行(My Suica(記名式))
・発行時に1,000円のチャージ
(以降はSuicaアプリのチャージからApplepay登録のクレジットからチャージ)
・iPhoneのWatchアプリへSuicaを登録(「WalletとApple Pay」から行えます)
・同じくWatchアプリでSuicaをエクスプレスカード登録する(「WalletとApple Pay」から行えます)

これでいよいよSuicaを利用できるようになります。

コンビニや改札での使い方

コンビニなど買い物で使う場合

コンビニなど買い物でApple WatchのSuicaを利用する場合は、「サイドボタン」のダブルクリックします。

Digital Crownの下にあるボタンですね。

これでスイカが立ち上がるのであとはタッチするだけです。

コンビニなどでは、Suicaで決済することを伝えます。

改札で使う場合

改札でApple WatchのSuicaをしようする場合、エクスプレスカード設定をすればSuicaを立ち上げる必要はありません。

改札にかざすだけで通ることが可能です。

しかし、チャージ残高/バッテリー残量に注意しましょう。

ただ改札は右側、時計は左手なので少し遠いですが、そこまでストレスではありません。

非常に便利なのでぜひ利用してみてください!

さいごに

Apple WatchでのSuica決済、改札での利用は、非常に便利です。

もう財布やスマホは鞄に入れたままです。

やってみて思いますが、想像以上に利便性が高く、もう元には戻れないかもしれません。。

設定や使い方は簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

【Amazon/楽天】お得なタイムセールをチェック!

Amazonや楽天のタイムセールをチェックしていますか?

日用品ファッション家電など毎日お買得価格で登場するので、忘れずにチェックしましょう!

\毎日お買得価格で登場!/【Amazon】タイムセール

\商品は毎朝10時に更新!/
【楽天】タイムセール

\Amazonでの買い物はギフトチャージでよりお得に!/
Amazonギフトへチャージする