かきカエル アイテム

頻発する地震や自然災害へ『ポータブル電源』の備え

近年、地震や大雨などの自然災害が増えています。
日本全国で地震が頻発していますし、大雨や台風による災害も毎年のように起こっています。

もはや自分が住む地域は安全、と言える場所はありません。
これだけ災害が増えるとなると、日頃から災害に備える意識を持つ必要が出てきます。

そして災害において厄介なのが、『停電』です。
停電が続くと、情報を得るためのテレビやスマホなどが利用出来なくなります。
夏場であれば冷蔵庫エアコン、冬場であればストーブなどの暖房器具が使えなくなってしまいます。

そんな電気が使えない状況下で、重宝するのが『ポータブル電源』
全ての電化製品が使える訳ではありませんが、スマホを充電するモバイルバッテリーよりも高容量で、大変心強い味方になってくれます。

「モバイルバッテリーよりも、もう少し利用用途が広い予備バッテリーが欲しい」という方にはおすすめのバッテリーです。

『ポータブル電源』のメリット

ポータブル電源は、スマホの充電や扇風機、小型の冷蔵庫などの幅広い用途があります。また別売りが多いですが、充電用ソーラーパネルを購入すれば充電をして利用することが可能です。

キャンプでの電源として利用することも多いバッテリーです。
おすすめは下記の『PowerArQ』です。予算に合わせて、容量を選ぶと良いでしょう。

ポータブル電源のメリット

■多くの家電に利用できる
■持ち運びしやすい
■ソーラー充電が出来る
■キャンプ、災害時など幅広い利用用途がある

災害時にテレビやスマホ・携帯電話の電源が無くなることは、とても怖いものです。

しかし非常用電源がある事でスマホやテレビから情報を得ることができますし、そうした情報は冷静な判断、行動をすることに非常に役立ちます。

自分や地域の置かれている災害の状況を把握できないことや、ライフラインの復旧状況、水や食料の配給情報などが得られなくなることは、なるべく避けたいところです。

なおバッテリーを備えるにあたり、注意点もあります。

バッテリーも自然放電があるので、定期的に充電を行うことを忘れないようにしましょう。また充電ケーブルなども予備を含めて、多めに準備しておきましょう。
『もしもの時に使えない』ということが無いようにする必要があります。

おすすめのポータブル充電

おすすめは『PowerArQ』です。
機能は勿論のこと、デザイン性も高いためです。
また耐久性も高く、安全性の基準もクリアしています。

実際に停電になった際に、冷蔵庫が使えないことに困ったという話も聞きます。
上記の626Whのモデルであれば、ミニ冷蔵庫が約11時間利用可能です。

食料と同様に『電気の備蓄』を

食料は多くの方が備蓄されているのではないでしょうか。
家庭用蓄電池も普及してきましたが、費用も高く、新築の際などに設置する方以外は、あまりなじみが無いものだと思います。

しかしポータブル電源は、手軽でそれなりの容量があるため導入しやすいです。
食料と同様に電気の備蓄をすることを災害の対策として検討してみてはいかがでしょうか。

以上『頻発する地震や自然災害へ『ポータブル電源』の備え』でした。