健康

痩せたい。でも運動したくないし、食べたい。

どうも、かきカエル(@kakikaeru1)です。

そんなに太っていないけど(もしくは太っている自覚あるがそんなに気にしてないけど)
痩せたいな~とぼんやり考えてて、
でも運動はなるべくしたくはないし、それなりに食べたいなーと思うこと、ありませんか?

かきカエルはいつもそのように思っています。
というか口にも出ていました。

なので今回はそんな「痩せたい」について考えてみたいと思います。

痩せたい時、「運動すること」「食べること」をうまく共存させる

痩せたいと思うということは、少なからず太っているという自覚があって(周りからみれば太っていなかったとしても)、

運動をしないといけないのは分かってるんだけどな~
それに食事も気を付けないといけないんだよね

という風に考えていると思います。

なぜ痩せたいかという理由は人それぞれあると思います。

・健康になりたい
・モテたい
・かっこいい(美しい)自分でいたい
などなど

すこしでもそうなりたいと思うから、痩せたい、と思うのだと思います。
素晴らしいことだと思います。
より健康でいるということはより幸せであると思います。

しかし同時に、常にそのように痩せたい思っているという事は、
自分が思い描いているゴールになかなか到達できていないということでもあります。

そのゴールを達成するポイントは「運動すること」「食べること」のバランスを取りながらうまく共存させることです。

何とか継続してようやく達成したとしても、運動をやめて、食事の制限を解除して、リバウンドしてしまう。
負荷のかかる運動や、辛い食事制限は長続きが難しいです。ハ

ではどうして難しいかというと、それはどれも継続が必要だからです。
すぐ痩せる方法なんて無いし、運動も体がなれるまではしんどい、食事を少し制限したって体重はほとんど変わりません。
どれも長い継続することで、徐々に成果がでてくるものだからです。

なのでそういう時は「運動すること」「食べること」を程よく、うまく共存させてあげましょう。ハードルを上げ過ぎないのがポイントです。
続しているという意識がほとんどなくなるように、軽度に日常に取り入れてしまえば良いのです。

運動したいか運動したくないかと言ったら、運動したくない

その通りです。
何故なら運動はきついからです。
でも初めはそのくらいの気持ちで全く問題ないと思います。

運動のきつさも人それぞれだと思います。
運動が本当に嫌い、という人であれば、少しでも体を動かすのは苦痛でしょうし、
逆にある程度運動をしてきた人であれば、少し体を動かすことはほとんど苦にはならないでしょう。

しかし「運動をしたくない」は「運動をしなくてもよい」ではありません
少し体を動かすことを日常に取り入れてしまうことで
「運動がつらい」とあまり思わなくなるようにすることが目標です。

運動が本当に苦手な人は、上手くジムやヨガなどを利用することもよいでしょう。
身体を動かす環境に自分を置くことで、徐々に運動に体を慣れさせることができます。
しかし無理をしてはいけません。
自分にとっての「運動」の範囲で問題ありません。
週に1回でも運動をすることが大切です。

体を動かすことがそこまで嫌いじゃない人は、少しずつ筋トレやランニングなどの運動を取り入れてみてください。
初めは週1でもよいです。慣れてきたら、週2、週3に増やしていきましょう。
負荷はそれほど必要ありません。

徐々に筋肉をつけることで太りにくい体を作ることが目的です。(基礎代謝をあげる)
最初は少しの運動でも筋肉痛になったりしてつらいかもしれませんが、
慣れてくれば筋肉がついて体つきも変わってきますし、
ある程度の体力がついてくると「運動がつらい」と思うラインがぐっと上がります

そうしたらつらいと思わない程度の運動を日常に取り入れます。
短時間の簡単な筋トレで構いませんし、ウォーキングでも良いと思います。

太りにくい体を作り、基礎代謝を上げ、それを維持できるように軽度の運動を日常にしてしまえばよいのです
週に2~3回で問題ないと思います。
それであれば決して大きなハードルはありません。
「運動したくない」と思わなくなったらゴールです。後は継続しましょう。

是非今日から、少しずつ始めて見てください。

食べたいか食べたくないかと言ったら、食べたい

食べたいです。
食事を抜くことは無理です。
美味しいものが食べたいし、「食べたくない」なんて選択肢はありません。笑

なので基本的には、食事もある程度普通に取りながら、少しずつ食べる量、カロリーを意識することです。
暴飲暴食はNGです。
なので少しずつ、無理をせずにカロリーを減らすようにしていきましょう。

例えば、
・おやつを減らす
・お酒を減らす
・夜食をなくす
・飲み物をお茶にする
・コンビニに行く回数を減らす

などです。

特に変わったことはありません。
急に減らすとストレスなので少しずつ減らしていきましょう。

すぐにゴールを目指す必要はありません。
徐々に痩せることを目指して、痩せたら太らないように心がけるだけです

急な食事制限はストレスですし、リバウンドするだけです。
食事は栄養を考えてしっかり取り、余計なカロリーを取らないようにすればよいのです。

上記の運動をしながら、運動とバランスを取りながら食事を調整していきましょう。
どちらもほどほどに行うことが大切です。

そして重要なのは、体重の増減をしっかりと意識することです。
ちょっと体重が増えたなと思ったら、それ以上増えないようにコントロールするようにします。

少しずつカロリーを減らす、ということを意識して食事をしてみてください。。
少しの食事制限に徐々に体が慣れてくると思います。
体重の増減をしっかり管理できるようになればゴールです。

痩せたいか痩せたくないかと言ったら、痩せたい

そのくらいを常に意識していると、大きなプレッシャーにはなりません。
たとえ少しだとしても、痩せたいと思う気持ちがとても大切です。
つまり、太りたくないという気持ち。

絶対にやせるぞ~!運動も食事も妥協しない!

と意気込むとただハードルを上げてしまう原因になります。

すこしずつ痩せよう、という気持ちを常に持つことが大切です。
太りたくない、という気持ちを大切にしましょう。

お腹のたるみは、服を着てしまえば見えないし。。
なんて見て見ぬふりをしてはいけません。笑
それでは服が着れなくなるのは時間の問題です。。。

体重計に毎日乗るようにしても良いですし、鏡の前で自分の体を眺めるのもよいと思います。身体の変化に常に、少しだけ気を配ることが大切です。

どちらかとかと言えば、痩せたい。
その次のステージは、痩せたいと思わなくなることです。
運動と食事をコントロールして、是非そこを達成してください。

目標を達成し「痩せたい」と思わなくなること。そこがゴールです。

さいごに

今回のまとめです。
「痩せたい。でも運動したくないし、食べたい。」と思ったらスタートラインです。
そう思わなくなるように行動しましょう。
・少しの運動を継続してみる
・少しの食事制限をする
それらを苦痛なく行えるように、日常に取り入れてみてください。
思っているほどハードルは高くないはずです。

大切なのは、一歩ずつ健康へ近づくことです。
「痩せたい」から是非解放されましょう。

健康であれば、運動も苦ではなく、食事も楽しめるようになります。
太りにくい体、太りにくい意識を持てば、
「痩せたい。でも運動したくないし、食べたい。」から解放されるはずです。

ぜひストレスのない健康ライフを手に入れてください~