ライフスタイル

奪われ続ける自由。日々の仕事と、自分らしく生きる価値。

こんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。

人生で一番時間を奪うもの、それは仕事です。

正確には、会社勤めの仕事になります。すべての仕事が時間を奪うわけではありません。フリーランスは仕事内容により、自分の時間を多く持つことができるでしょう。自営業も忙しいかもしれませんが、家族と過ごす時間は多く持つことはできます。

さて、今回はそうした仕事と時間の関係について少し考えてみたいと思います。

仕事は死ぬまで続くのかな

仕事に疑問を持つこと。労働の対価を受け取っているか、ただ奪われるか。

皆さんのその仕事、やりがいを持って取り組んでいますか?
自分のやりたい仕事に就くことができていますか?
それとも、興味がない仕事に流れついて、ただ何となく働いていますか?

この違いで、仕事や時間に対する価値観が大きく変わってくると思います。

自分のやりたい仕事に従事して、毎日忙しいけれども、社会などにしっかりと貢献できていたり、そして相応の対価をしっかりと受け取っているならば、その方は幸せに感じているかもしれません。

そういした仕事に出会えることはとても幸せなことに思います。
しかしそうでない人もたくさんいることと思います。こちらの人の方が多いかもしれません。(かきカエルもです!)

仕事はただの仕事、つまらないけどお金稼がないと
日々、家と会社の往復だけ。思考が停止してきた・・・

そうしたとき、仕事に対してしっかりと疑問を持っていますか?
疑問を持たないと、先に進むことができません。
たとえば、こんな風に考えていませんか。

「自分がいなくなると残った人が大変だから」
「いつかは自分に合った仕事を探さないといけないことは分かってるんだけど、いまちょっと忙しいから・・」

せっかく仕事に疑問を感じているのに、こういう考え方でその疑問を感じた気持ちに蓋をしていませんか。

そうこうしているうちに、多くの時間を奪われていることをしっかりと自覚できていますか。しっかりと対価があるのであれば、ある程度は納得できるかもしれません。しかしそうでない場合、危険かもしれません。

人生の時間は限られています。
かきカエルは、人生で一番大切なものは「時間」だと考えています。
かきカエルも転職を4回ほどしています。つらい仕事から逃げ出したこともありました。

でもそれを単純に逃げ出したとは思っていません。大切な自分の時間をただただ奪われるだけの労働から、自分を引き離すことに成功したのです。

仕事にもし疑問を感じているのであれば、そこから離れるべきか、そのまま時間を奪われ続けるのか、しっかり考える必要があると思います。周りの人に相談してみるのも良いと思います。

時間の進む速さは、皆さん知っていると思います。
自分の時間は、自分が思っているよりもずっと少ないのです。

転職で必要なことと準備すること。転職4回の経験談。こんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。 社会人として働いていると、一度はみんな必ず考えること、転職。 さあや...
年齢はただの数字。年齢に振り回されないように。こんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。 皆さん、年齢についてどう思いますか? 自分は若いと思います? 歳をとっ...

その価値観は、本当に自分のもの?

かきカエルが感じている疑問に「価値観」があります。

「価値観」というものは、本来は自分だけのもの。自分を象徴するもの。自分が大切だと思うもの。のはずです。
人の社会に生きていると様々な価値観に遭遇します。

人の社会で遭遇する価値観

・結婚について
・家について
・車について
・ローンについて
・子供について
・ファッション、趣味について

数えたらきりがありません。本当に様々な価値観が存在します。
しかし、その価値観本当に自分の求めている価値観でしょうか。

かきカエルは、もともと興味が全く無かったものに「家」「車」「ローン」があります。家なんて一時的な住まいなんだから大金をはたいて買う必要なんて全くないと考えていたし、車なんて電車社会ならば必要ないし、日本は車の税金がバカみたいに高いから買う必要なんてない、必要ならレンタカーとかでもいい、そう考えていました。「ローン」だってそうです、今後も未来に向かって収入がある保証なんて何もありません。

なのに、、35年というローンを組み家を借り、車も購入しました。これは家族ができたことで価値観に少し変化があったからです。かきカエルは比較的楽観的な性格なので、そこまで後悔とかはしていませんが、疑問は残っています。

「家族ができたら、家を買った方が良いよ」
「車は何を買うの?」
会社勤めをしていると、そんな声がいたるところから聞こえてきます。

はっきり言ってどうでもいい!と最初は思っていました。人生は家を買う前提、車を買う前提で話しかけるのやめてもらえませんか。そう思っていました。

そういう会話、本当につまらないよね

インターネットが発達して、さまざまな価値観がある時代に生きていて、考え方も生き方も自由になった時代だと言うのに。

違和感だらけです。

しかし問題は、徐々にそこに価値があるような気がしてくることです。他人の影響を徐々に受けている、ということです。一概にそれは悪いことではないかもしれません。家を買い、車を買うことに価値を感じるようになって、良かったと感じている部分も多々あります。

しかし、かきカエルは日々悶々とするのです。
これで良かったのか?

自由がなんだこんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。 かきカエルは「自由」になりたいと思いますが、少し複雑です。 これについて...

自分らしく生きることに、どのくらいの価値があるか。

自分らしく生きているのか?
価値観について考えていると、こんなことも考えることもあります。
でもこの「自分らしく生きる」を考えることに、どのくらいの価値があるでしょうか。

ああ今、自分らしく生きている!幸せ!

そう思えているとすれば、とても幸せだと思います。

しかしそうでは無い場合「自分らしくいきること」を探すために悩むこともあると思います。
そういう場合、無理をして自分を探さなくても良いと思うのです。
みうらじゅんさんの「空あり」のお話にヒントがあるような気がします。
人は何もないところから生まれて、死んだら無に帰っていく。つまり自分なんか探したって見つからない。きっと自分なんて無いんだから。

たぶんあるとすれば、これまでの人生や日々の生活の中から、自分はこういう人だったと振り返ることくらいじゃないでしょうか。これまでの価値観の集まりのようなものです。

さいごに

つまらない労働に時間を奪われ続けると、つまらないですね。
人生振り返ったときに、それが「自分らしさ」になってしまわないように、
毎日を生きていきたいと思います。