FX取引

【FXの基礎知識】取引の始める前に初心者が押さえたいポイント

こんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。

FXはとは『Foreign Exchange』の略で正式名称は『外国為替証拠金取引』です。
円とドルなど、異なる通貨同士を売買して利益を出すことを目的としています。

今回はFXを「これから始めてみたいなー」という方向けに、事前に押さえておきたい基礎知識についてお話したいと思います。

FXでまずは覚えておいて頂きたいことは、
FXは投資なのでリターンを期待できる反面、資金を減らしてしまうリスク
を伴う
、ということです。
そのため、実際にFXを始めるにあたり、事前にしっかりと知識を身に付け、仕組みを理解してリスク回避を行いながら取引を行う必要があります。

しっかりとリスク回避しながら取引を行えば、十分にリターンを期待できるものなので、そのために身に付けておきたい基礎知識と気を付けたいポイントをお伝えします。

FXの基礎知識① FXとは?メリットとデメリット

そもそもFXってどんなものなんだろう、ということについては、下記の記事でまとめていますのでこちらを見て頂きたいと思います。FXとは何なのか、その始め方、メリットやデメリットについてまとめています。
まずはメリットとデメリットを確認しましょう。

【FX】FXとは?FXのメリットとデメリット|初心者向けに分かり易く説明します。こんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。 という方向けに「FXとは何なのか」「どうやって始めればよいのか」な...

FXの基礎知識② 基本的な専門用語

FXで覚えておきたい基本的な専門用語について説明していきます。

レバレッジ

レバレッジとは「テコの原理」を意味しており、少ない資金で大きな取引が出来る仕組みのことです。
取引を行うための資金を「証拠金」(取引口座に入金した資金)と呼びますが、現在日本では最大でその証拠金の25倍の取引を行うことが可能となっています。
通常、大きな利益を得るためにはたくさんの資金が必要になると思いますが、FXの場合は少ない資金でありながらで大きな利益を得ることができる仕組みがあるのです。

例えば25倍で取引を行う場合、4万円の資金で100万円分の取引を行うことが可能になります。その為、少ない資金でも大きな利益を得ることが出来るのです。

FXの取引は通常1万通貨単位での取引になります。会社によっては1000通貨単位で取引することが可能です。
仮に1000通貨の取引を行う場合、1ドル100円と想定すると、約10万円の資金が必要になるのですが、このレバレッジを利用することで約4000円で10万円分の取引を行うことができるという事になります。

しかし注意しなければならないのは、利益が大きくなる分、損失も同じだけ大きくなるということです。レバレッジ取引ではこの点に十分注意しなければなりません。

おすすめのFX会社①『マネーパートナーズ』

マネーパートナーズ

業界最狭水準 ドル円スプレッド0.3銭! 
FXでは、スプレッド(買い価格と売り価格の差額)が手数料に相当するのでこのスプレッドが狭ければ狭いほどコストが安く、取引に大変有利です。
〇オリコン顧客満足度ランキング「FX取引」第1位
2019年1月4日発表
〇10年連続「約定率第1位」
株式会社矢野経済研究所実施、主要FX会社7社のFXサービスパフォーマンステストにおいて

≪手数料ゼロ≫のFX取引なら 5千円から始めるFX投資。FX専業初の上場企業マネーパートナーズ

青色03銭静止画

スワップポイント

FXには『スワップ』と呼ばれる金利があり、簡単に説明をすると、外貨を買って持っているだけで金利が発生して利益を出すことが出来る、ということになります。

金利は各国の通貨の政策金利によって違ってきます。FXは、異なる2つの通貨で取引を行いますが、この2国間の金利差によって生まれるのがこの『スワップ』です。このスワップは毎日付与されます。

しかし注意しなければならないのは、その金利差がマイナスになることがあるという事です。その場合は、金利の差額分を支払う必要があるので注意しましょう。
またそのスワップポイントを利用して利益を出そうとする場合、為替の変動次第でそのスワップの利益よりも為替の損失の方が大きくなってしまうことがあるという事です。

スワップポイントを理解して取引を行いましょう。

スプレッド

FXでは、通貨を買う時の値段と売るときの値段が違うのですが、その差のことを『スプレッド』と言います。

こうした買値と売値の数字は各FX会社によって違ってきますが、この差額がFX会社の利益になります。つまりこれが取引を行う際に支払う手数料、ということです。

このスプレッドは会社によって様々ですが、取引する通貨によっても変わってきます。各会社のスプレッドをチェックしていくと「固定スプレッド」と書いてあるところがありますが、取引時間が限られていたり、急激に相場が動くときは適用外だったりするので注意が必要です。

このスプレッドが小さい(狭い)ほど、取引する側にとっては有利になります。(利益を出し易い)

ロスカット

FXには『ロスカット』という強制的に決済される仕組みがあります。

FXでは想定通りに相場が動くこともありますが、そうでないことも多くあります。そうすると損失がどんどん膨らんでいきます。その損失が元になる資金より大きくならないようにするための仕組みがこのロスカットです。

『ロスカット』とは、取引中(ポジション)の損失が一定レベルに達した時、更なる損失を防ぐためにFX会社がその取引を強制的に決済する、という制度です。

つまり、資金を守ってくれる制度ということになります。この制度のおかげで安心して取引を行うことができるのです。

しかし例外もあり、為替レートの急激な値動きにロスカットが追い付かない場合があります。その場合、証拠金以上の損失を出すこともありますので十分な注意が必要です。

FXの基礎知識③ FX会社の選び方

続いてFX会社の選び方について見ていきましょう。
今では国内に多くのFX会社がありますが、どこも大きな違いはありません。
しかし初めてFX会社を決める際のポイントは下記になります。

1,取引単位の低さ
2,サポート体制の充実度
3,デモトレードがあるか
4,スプレッドの狭さ

1,取引単位の低さ

FXは基本的には、1万通貨からの取引になりますが、それ以下1000通貨や中には100通貨の取扱いのある会社もあります。基本的には、1000通貨から取引が出来るFX会社がおすすめです。

おすすめのFX会社①『マネーパートナーズ』

マネーパートナーズ

業界最狭水準 ドル円スプレッド0.3銭! 
FXでは、スプレッド(買い価格と売り価格の差額)が手数料に相当するのでこのスプレッドが狭ければ狭いほどコストが安く、取引に大変有利です。
〇オリコン顧客満足度ランキング「FX取引」第1位
2019年1月4日発表
〇10年連続「約定率第1位」
株式会社矢野経済研究所実施、主要FX会社7社のFXサービスパフォーマンステストにおいて

≪手数料ゼロ≫のFX取引なら 5千円から始めるFX投資。FX専業初の上場企業マネーパートナーズ

青色03銭静止画

2,サポート体制の充実度

会社によってメールや電話での対応時間が様々です。土日や24時間対応をしている会社がおすすめです。また初心者向けセミナーの開催や、情報コンテンツが充実しているかどうかもチェックすると良いでしょう。

3,デモトレードがあるか

初めての場合、まずはデモトレードで取引を体験することをおすすめします。実際の値動きや取引の方法などを実践を通じて学ぶことができます。初めての場合は、必須の項目です。

おすすめのFX会社②『DMM FX』

●FX口座数『国内第1位』
2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書))
●FX業界最狭水準のスプレッド 「全20通貨ペア」
●初心者からプロまで、好評の充実取引ツールを取り揃え。もちろんすべて無料!
●各種手数料が無料

(出金手数料、口座維持手数料、クイック入金手数料、ロスカット手数料、口座開設手数料、など)
●24時間安心サポート

初心者から上級者まで幅広く利用されている有名なDMM FX。
無料の口座開設はこちら。
『DMM FX』公式ページはこちらから

DMM FX

4,スプレッドの狭さ

スプレッドの狭さは、利益の出しやすさに直結します。よりスプレッドの狭いFX会社が良いでしょう。

おすすめの取引所は下記ですが、それ以外にもたくさんの取引所がありますので一度調べてみることをおすすめします。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
FXが初めての場合、まずは上記の専門用語を覚え、実際にデモトレードを行うのが良いでしょう。デモトレードは取引方法を覚える一番の方法です。
まずは是非体験してみてください。

おすすめのFX会社②『DMM FX』

●FX口座数『国内第1位』
2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書))
●FX業界最狭水準のスプレッド 「全20通貨ペア」
●初心者からプロまで、好評の充実取引ツールを取り揃え。もちろんすべて無料!
●各種手数料が無料

(出金手数料、口座維持手数料、クイック入金手数料、ロスカット手数料、口座開設手数料、など)
●24時間安心サポート

初心者から上級者まで幅広く利用されている有名なDMM FX。
無料の口座開設はこちら。
『DMM FX』公式ページはこちらから

DMM FX

以上『【FXの基礎知識】取引を始める前に押さえておきたいポイント』でした。