ライフスタイル

【超音波加湿器】周辺が白くなる現象|白い粉の正体は何?

こんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。

加湿器には、加熱式や超音波式などいくつか種類があります。
今回はその中の「超音波加湿器」についてです。

超音波加湿器を使うと、周りのものが何だか白くなる、そんな経験はありませんか。

これって、カビか何かなのかな?

そんな風にも思いましたが、どうやらそうでは無いようです。

調べてみるとその白い粉の正体は、水の中に含まれるカルシウムなどミネラルの結晶、のようです。

超音波加湿器の周辺が白くなるのはなぜ?

超音波加湿器は、加熱式のように熱によって蒸発させているわけではなく、超音波によって気化させて水蒸気を出しているにしているのですが、その過程でフィルターを通さずに放出しているため、水道水に含まれるミネラルも一緒に放出されています。
そして周辺に付着した部分の水分だけが蒸発して、ミネラル分(ナトリウムやカルシウムなど)が残って白くなるのだそうです。

水道水がダメなら、ミネラルウォーターにすればよいのか?

しかしそれは、やらない方が良さそうです。
水道水の方がミネラルウォーターよりも衛生管理の基準が厳しいため、ミネラルウォーターは水道水よりも雑菌が繁殖しやすいようです。
なので超音波加湿器は、必ず水道水で使うようにしましょう。

白い粉はどうする?

これはもう拭いて掃除するしかありません。
周辺の白い粉は、こまめに掃除をしましょう。
そのままにしておくのは、衛生的にも良くありません。

さいごに

この白い粉、結構気になります。
見た目も良くないですし、健康的にも、衛生的にも良くないようです。
こまめに掃除をするか、もしくは、白い粉の出ないタイプの加湿器にした方が良さそうです。超音波式以外は、白い粉が出にくいようですが、この辺りは買う前に店員さんに相談した方が良いでしょう。
もし加湿器をお探しの場合は、そちらをおすすめします。