ライフスタイル

インフルエンザ罹患・・治療は1回吸入のイナビル

こんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。

「A型出ちゃったね〜」とお医者さんに言われました。

がーん・・・

発熱し、時期も時期(1月)だったので念のため受診したら、案の定というか、出てしまいました・・・見事にインフルエンザ陽性・・・

今回、結論から言いますと処方薬は「イナビル」
タイトルにも書いているように「1回吸入で終わる」のでお医者さんと相談してこれに決まりました。

罹るときは罹る

近年は、仕事に影響が出るのも嫌なので、毎年予防接種はするようにしています。

もちろん、それでも罹るときは罹ると分かっているので、マスクをしたり、流行る時期はなるべく人混みを避けたり、手洗いうがいなどを毎日必ずやるなど、できることは行うようにしていました。

過去にインフルエンザで39度越えの苦しい体験もしましたし・・・

周りには誰もインフルエンザに罹っている人はいませんでしたが、東京という人混みの中にいればそんなものは関係ありません。電車にも乗りました。バスにも乗りました。ゲホゲホしている方もおりました。

注意をしていても罹るときは罹ります。
潔く休むしかありません。
インフルエンザに罹患するとお医者さんから出勤停止を言い渡されます。

①解熱後、2日を経過
②薬を飲み始めてから、4日を経過

この二つの条件を満たすまで出勤できない、とのことです。
仕事が忙しいときに限って、こういうものに罹ってしまう・・・
やれやれです。

処方薬はどれがいい?「イナビルで!」

お医者さんと相談しました。
かきカエルが明らかに落胆していると、今回4つの薬について説明をしてくれました。

薬はいくつかあるけどどれがいい?

①タミフルを何回か
②リレンザを何回か
③イナビルは1回だけ
④ゾフルーザも1回だけ「でも、まだ新しい薬だから情報が少ないし、どうかなー」

こう説明されたらもう一択です。

イナビルでお願いします

今回、初めて「イナビル」を飲みました。というか、吸いました。

すぐに薬局に行き、その場で「イナビル」を2袋分、吸入して治療は終わりです。あとは、痰やら喉やらの治療薬を飲みながら、ゆっくり休むのみです。

以前かかった時は、タミフルを数日間飲んでの治療だったので、それと比べるととても負担が少ないです。

「もうこれで終わりなのかー」という感じです。

一度きりなのだから、強い薬なのかな、怖いな、という気持ちもありましたが、イナビルが聞いたのか、帰ってゆっくり休んでいると翌日には熱も下がり、あっという間に症状が治まりました。早期投与が良かったのか、イナビルが効いたのか。

もちろん、薬の効果には個人差があると思いますので何とも言えませんが、今回の僕の場合はとても良い方向に進みました。

イナビルとは?

写真がこれしかありません・・・(薬局で吸入して処分だったので)

写真の上の出っ張っているところ、ここに口をつけて4回吸い込みます(飲み残しがないように4回だそうです)。中は粉末なのですが、僕の場合はほとんど味を感じませんでした。とても飲みやすい薬、という印象です。調べると人によっては苦味を感じる、とも記載があります。

大人はこれを2本、1本4回で計8回の吸入です。これだけでした。

一応、イナビルについて少し調べて見ました。

イナビルは、口から吸う、「吸入型」のインフルエンザのお薬です!インフルエンザウイルスの増殖を抑え、熱などの症状を改善します。医師から指示された用量を1回分、口から吸うだけで、イナビルによる治療は終了します。

 

プロドラッグであり、吸入後に加水分解によって活性代謝物に変換される。この活性代謝物が長時間にわたり、ウイルスの増殖部位である気道や肺に貯留し、ウイルスの増殖を抑制するため、一度の吸入で治療が完結するのである。

肺に留まってウィルスの増殖を抑えてくれる、とのことです。
安心するような、怖いような、どちらともとれますね。

さいごに、罹患しないために

もちろん、罹患しないのが1番です。

今回かきカエルは「イナビル」でしたが、お医者さんはその人それぞれにあった薬を処方すると思いますので、しっかりとお話を聞きながらお薬を選ぶことが大切だと思います。

日頃からしっかりと体調管理をしないとね

本当に、それにつきます。

日々しっかりと睡眠を取って休を休ませましょ。