アウトドア

【川遊びの注意点】危険をしっかり把握して、子どもとたくさん川遊びをしよう!

こんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。

春になり暖かくなってくると緑が生い茂るようになったり、花が咲いたり、
虫が活動を始めたり、子どもにとっては楽しいことばかり。
川へ出て遊ぶことも出来るようになります。
水辺は開放的だし、びしょびしょになって遊ぶことはとても楽しいです。
家族で出掛けて、バーベキューをすることも多いのではないでしょうか。

子どもは川遊びが好きです。
魚やオタマジャクシなどの虫を探したり、水辺の植物の観察や、泳いで遊ぶこともあると思います。川は自然からとても多くのことを学ぶことが出来る場所です。

それと同時に川はとても危険な場所でもあります。
思いもよらない事故、怪我に遭遇することも少なくありません。

川で思い切り遊ぶために、その川遊びの注意点をしっかり把握しておきましょう。

川遊びの注意点①:ライフジャケットは必ず着用しよう

川で遊ぶ際、ライフジャケットの着用は必須項目です。

浅いところで遊ぶだけだから問題ないでしょう

確かに、浅い場所しかなければそうかもしれません。
しかし川は底がどのくらいの深さなのかを把握することは難しいのです。

大人にとって浅かったとしても、小さな子供にとってはとても危険であったりします。

体重も軽く水に流されやすいことに注意しましょう。
深くて危険なところをしっかりと把握して、危ない場所には近づかないように遊ぶと良いと思います。

ライフジャケットがあれば助かった事故はたくさんあります。
完璧に防いでくれるわけではありませんが、着用することで格段に生存の確立が上がるのです。

またライフジャケットを選ぶ際は、しっかりと体にフィットしたサイズを選び、しっかりとベルトを締めて遊ぶようにすることが大切です。
するするっと体が抜けてしまっては意味がありません。

川遊びの注意点②:服装、着替えをしっかり用意しよう

服装もとても大切です。
川の水は、雪解け水だったりしますので思いのほか冷たいこともあります
綿素材の衣類は乾きにくく、体温を奪う原因にもなります。
タオルや着替えなどの準備は怠らないようにしましょう。

また靴はなるべく脱げにくく歩きやすいものを履くようにしましょう。
川の流れは思いのほか早く、クロックスなどは足から外れて流されやすいです。
水の中にしっかり入る場合は、脱げにくい靴を履きましょう。
また水の中はガラスの破片やごみなどを踏んで、思わぬ怪我をすることもあるので注意が必要です。

アクティビティジャパン

川遊びの注意点③:急な天候の変化・増水に注意

自然で遊ぶときには天候には十分な注意が必要です。
気温の変化や降水、この辺りの情報をしっかりと確認しながら遊びに行きましょう。
特に雨の場合、増水することも考えられます。
遊ぶ場所が晴れていても、上流の山で降雨があると増水することもあります。
天候は必ず事前に確認しましょう。

川遊びの注意点④虫刺され

水辺は虫が多いです。
虫よけスプレーやムヒなどの薬は必ず持ち歩きましょう。
蚊や蜂に刺されると辛いです・・・

アクティビティジャパン

川遊びの注意点⑤日焼け

川は海と同じと考えた方が良いです。
木陰があるところではある程度防げるかもしれませんが、そうでない場合は滞在時間が長いとかなりの紫外線を受けることになります。
日焼けが気になる方は必須アイテムです。

川遊びの注意点⑥子どもから絶対に目を離さない

バーベキューなどで盛り上がったり、楽しくなってしまうと子どもから目を離しがち。
子どもが危険なところへ行かないように常に注意をしましょう。
危険はいつ起こるか分かりません。
川辺は水の流れだけではなく、足元が滑りやすかったりと危険がたくさんあります。
絶対に目を離してはいけません。

万が一溺れてしまった場合、まずは119番などすぐに助けを呼びましょう。
自分が助けに行って溺れてしまうケースもあります。
まずは助けを呼び、自分の安全を確保できる中で救助を試みるようにしましょう。

さいごに

以上、川遊びにはたくさんの注意点があります。
危険を把握しているのと把握していないのでは大きな差がありますので
しっかりと川遊びの準備をして、楽しく遊びましょう!
自然の中で遊ぶことはとても楽しいですから~

暖かくなってくると川以外にも様々なアクティビティで楽しめますね。

今年もたくさん遊びましょう!!!