ライフスタイル

【人生は自由じゃない】社会のルールが辛いことについて考えてみる

こんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。

自由になりたい・・・

と、最近よく考えます。
最近の『自由になりたい』『会社員という仕事から解放されたい』ということと、ほぼイコールな気がします。

生きているだけで社会のルールに拘束される

人生が自由じゃないと感じ始めたのは、仕事を始めてからのような気がします。
しかしそれまでが自由だったかと思い返せば、そうでもありません。

幼少期、思春期、それぞれに学校というものがあって、将来どうすれば良いのかよく分からない状態で、何の為なのかよく分からない勉強をしなくてはいけなくて、学校では友人たちの価値観に少なからず影響を受けながら、何となく時間が過ぎていきました。

そこに自由はありませんでした。

社会には、多くの人が共に生活を送るために作られたルールがあります。人はその中で生活をしなくてはなりません。ルールに価値があるのです。

勿論、平和でより良く生活するためのルールなので従います。勉強をして知識をつけることはとても大切です。より良く生きるために勉強をします。

社会に出る年齢になれば、お金を稼いで働かなくてはいけません。
自分の興味があることをするには、お金が必要なのです。
好きなことを勉強するのも、人を好きになるのも、欲しいものを買うのも、家族を持つのも、全てお金が必要になります。

だから働きます。仕事が生きがいであれば問題はないでしょう。

しかし、そうでは無い場合、辛くないですか?

ルールに縛られるのって、他人や社会に価値観を合わせて生活するのって、しんどいです
ね。
何とか、ここから解放されたいと、思うのです。


自分の時間を売ることの辛さ

会社に時間を売り、お金を稼いで、幸せと感じることに使います。

この生き方って、あっているのかなあ

自分の時間て、世界で最も大切なものなんじゃないだろうか。

時間を売るために、勉強して働くのは、子どもにそのまま伝えて良いのかな。
そんなことを悶々と考えるわけです。
時間を売ることが辛い。そう思いませんか。
そうじゃない働き方ができる時代になってきていますか?
どんどん模索しましょう。

奪われ続ける自由。日々の仕事と、自分らしく生きる価値。こんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。 人生で一番時間を奪うもの、それは仕事です。 正確には、会社勤めの仕事...

価値観が侵食されること

会社に勤めていると、というか、集団の社会の中にいると効率的、合理的なものを求められます。

その価値観て、自分にとってすごく退屈なのです

社会に生きてる以上、効率的なこと、合理的なことは理にかなっています。
その方が得をします。
でもそればっかりって、辛くないですか?
自分て徐々にその価値観に侵食されてないですか?
もっと、その価値観をうまく利用していかないといけないですね。

必要な時だけ。あとは自由にしたい。

年齢はただの数字。年齢に振り回されないように。こんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。 皆さん、年齢についてどう思いますか? 自分は若いと思います? 歳をとっ...

今後、開放されるかどうか

やはりこの辛さから解放されるには、会社以外の収入が必要になるのではないでしょうか。
ここから徐々に開放されるかどうか、
その状況もブログで発信できれば嬉しいなと、そう思うのです。
FXをしてみたり、仮想通過をしてみたり、とりあえずしています。
またその状況も、失敗を含めて発信したいと思います。

生きている間は、もがいてみましょうっと