注文住宅

【注文住宅】書斎は誰のために必要か|父親?子ども?こだわりの作り方と考え方

こんにちは、かきカエル(@kakikaeu1)です。

住宅を建てる時、またはリフォームする時、検討するスペースに『書斎』があります。
書斎といえば、お父さんやお母さんが仕事をする場所だったり、趣味の読書をする場所として使ったり、または場合によっては子どもが宿題やお絵描きをする場所だったり、はたまた趣味に興じる場所だったり、今は多様な使い方がされている場所だと思います。
本が好きでたくさん持っている方は、立派な本棚に囲まれていたりするでしょう。

そこは家の中で最も文化的で、知的で、とてもワクワクする場所です。
書斎に憧れがある人も多いのではないでしょうか。

書斎ってなんかあるとかっこいいし、映画みたいで憧れる
なんか大人の空間、ていうイメージだよね

でもその憧れって、とても大切だと思います。
その憧れが家づくりをする際の出発点だからです。
そこから、具体的になぜ書斎が欲しいのか、どんな書斎にしたいのかを考えていくのです。

家で仕事をする方も多いと思うので、そうした落ち着く場所、集中して作業が出来る場所があるというのは、とても生活にメリハリが出来て、ゆとりが出来て、生活が深みが出てくるスペースです。

今回はそんな『書斎』についてのお話です。

【注文住宅】新築の子供部屋作りで感じた事、後悔した事|子どもの意見も取り入れようこんにちは、かきカエル(@kakikaeru1)です。 新築で子ども部屋を作る家庭は多いと思います。 子どもの人数に合わせて、1...

書斎はどこに設置する?使用する人、作業を具体的にイメージする

まずは書斎をどこに設置するのか、という問題があると思います。

●書斎という独立した部屋を作るか
●リビングに併設して家族全員で気軽に使える場所にするか
●階段下など余ったスペースをうまく使用して作るか
●寝室に作って静かな大人の空間にするか
●趣味を兼ねてガレージに併設するか

書斎の作り方は、多種多様にあります。
書斎の良いところは、そんな多様な生き方・暮らし方のどんな形にも対応できるところです。なので各家庭に合った形で検討をしてもらえると良いでしょう。

ポイントは、実際に使用するイメージを持つこと、です。

主な使い方は、お父さんやお母さんの仕事なのか、子どもの勉強なのか、趣味で使うのか、静かな場所が良いのか、家族の目が届く賑やかなリビングが良いのか、より具体的に言メールすることがとても大切です。

すると、おのずとどこに設置するのが一番良いのか、答えが出てくるでしょう。

憧れだけで作ると、使わなくなる可能性がある

裏を返せば、ちゃんと考えて作らないと中途半端になってしまうという事です。
例えば、

●お父さんの趣味が本がたくさんあるから、何となく書斎を一部屋作る
→仕事が忙しくてほとんど使わなくなる可能性がある。

●子どもが勉強できるようにリビングに併設する
→うるさいのが気になる人や子どもは、仕事・勉強が捗らない可能性がある。

●階段下などのスペースを有効利用して作る
→冬場に寒かったり、暗かったりしてあまり使わなくなる

●寝室に作って静かに作業できるようにする
→玄関や台所から遠い場合、不便だったりする。(来客が来たり、入れたコーヒーを運んだり)リビングから離れるので家族とのコミュニケーションが減る。

●趣味を楽しみたいからガレージに作る
→リビングから離れるので家族とのコミュニケーションが減る。掃除が後回しになって雑然としてくる。

などなど。
上記はほんの一例ですが、たとえどの場所に作ったとしても、人によっては必ずデメリットが発生する可能性があることを覚えておきましょう。

物置になったらもったいないですからね
注文住宅の相談は『タウンライフ』

注文住宅で悩みや疑問がある場合『タウンライフ』に相談するのがおすすめです。
注文住宅の会社で悩んでいる場合、最適な注文住宅会社を無料で紹介してくれます。
■利用満足度No.1
■知人に薦めたいサイトNo.1
■使いやすさNo.1
※調査実施期間:株式会社リンクアンドパートナーズ/アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社
フォームから簡単3分で予約可能です。公式サイトは下記です
【無料】注文住宅の相談受付サイト【タウンライフ注文住宅相談センター】


おすすめは、リビング併設型です

かきカエルは、家族のコミュニケーションを何よりも重視します。
なのでリビング併設型をおすすめします。
大きなメリットとしては、家族で共有できる、ということなのですが、具体的には

■子どもの勉強スペースにもなる
■2人分の作業スペースを設けることで親と子、兄弟間で一緒に使用できる
■親の趣味の本、子どもの本・絵本を一緒に置くことで家族みんなの場所になる
■学校などの書類関係をまとめて管理しやすい
■キッチンが近いので生活導線が短くて便利

たくさんあります。どれも小さなことですが、家族全員それぞれが必要な空間にすることでみんなが自然と利用する場所になり、会話が増えたり、顔を合わせたりすることが自然と多くなるのです。

書斎へは窓を設置することでより開放的になる

また書斎へは窓を設置することをおすすめします。
できれば大きめの開放的な窓が良いでしょう。
明るく開放的な空間はとても居心地が良いものです。

しかし注意も必要で日差しが強いと本などが色褪せやすくなります
この辺りの兼ね合いも考えながら、窓を小さめにする、直射日光が当たりにくいようにするなどの工夫もできると思います。

照明で演出・こだわりの椅子

夕方や夜に作業をする場合、がとても大切になってきます。
明るすぎても、暗すぎても作業がしづらいくなります。
そんな時は間接照明などをうまく利用しながら、適度な明るさで落ち着いた雰囲気にすると良いでしょう。

またこだわりの椅子を用意するのもポイントです。
座りやすい椅子、こだわりの椅子を置くことでお気に入りの空間になります。
作業をする上でも座りやすさはとても重要です。
気を付けて欲しい点は、テーブルとイスの高さを丁度良いものにすることです。
高さが合っていない椅子を選ぶと作業が捗りません。。。

注文住宅の相談は『タウンライフ』

注文住宅で悩みや疑問がある場合『タウンライフ』に相談するのがおすすめです。
注文住宅の会社で悩んでいる場合、最適な注文住宅会社を無料で紹介してくれます。
■利用満足度No.1
■知人に薦めたいサイトNo.1
■使いやすさNo.1
※調査実施期間:株式会社リンクアンドパートナーズ/アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社
フォームから簡単3分で予約可能です。公式サイトは下記です
【無料】注文住宅の相談受付サイト【タウンライフ注文住宅相談センター】


コンセントやLANの設置

コンセントやLANの場所もしっかりと考えて設置しましょう
・パソコン
・照明
・スマホやiPadなどの充電

気を付けなくてはいけないのは、ケーブル類でごちゃごちゃしてしまうこと
テーブル上はなるべくスッキリとさせたいので、足元にもコンセントを設置すると便利です。その際は、テーブルにケーブルを通す穴を空けておきましょう。

さいごに

書斎を使用することで、生活がより豊かになります。
それぞれの使用目的、生活スタイルにあった書斎を是非作ってください。
そして書斎を使い倒して欲しいと思います。

あとリビングに設置する際に気を付けて欲しいことは、来客時に丸見えになるということです。笑

リビングの書斎は、ぽいぽいっと物を置きがちになるのでこまめな掃除が必要ですよ!