Amazon/楽天

タイヤフッド(TIREHOOD)のタイヤ交換、個人的評価は高い

「タイヤ交換したいけどディーラーだと高いし、どこでタイヤ交換をするべきか悩む」
「タイヤ交換の費用を安く抑えたい」
「タイヤのネット購入って抵抗がある」
「タイヤフッド(TIREHOOD)って実際どうなの?」

こうした不安・疑問をお持ちの方もいると思います。
そこでおすすめしたいのが『タイヤフッド』です。

今回、タイヤ交換の時期が近づいていたので、気になっていた『タイヤフッド(TIREHOOD)』を実際に利用し、タイヤ交換をしてみました。

結果をお伝えしますと、タイヤフッド(TIREHOOD)の個人的評価は高いです。

タイヤフッドは公式ページから簡単に注文できるタイヤ交換サービスです。
楽天ポイントが欲しい方は、タイヤフッド楽天市場店からも申し込むことが可能です。

今回の記事では、タイヤフッドを利用してみて何が良かったポイントについてお伝えしていきます。

タイヤ交換を検討されている方の参考になれば嬉しいです。

タイヤフッドとは?サービスと流れ

タイヤフッドは、HPでタイヤを選んで、近所の取付店を予約する、サービスです。
タイヤ交換の流れは、下記のようにシンプルです。

タイヤ交換の流れ

① ホームページでタイヤを選ぶ
② 近所の取付店と取付日時を選ぶ
③ 予約日に取付店でタイヤ交換

支払いは、ネット注文時に一括で行うので、取付店で支払いの手間はありません
それに購入したタイヤは取付店に直送されるので、自分で運ぶ必要もありません。

このように、分かりやすいシンプルな手順タイヤ交換の煩わしい手間を解消してくれる点が、タイヤフッドの最大のメリットです。

また、取り扱っているタイヤも一流メーカーばかりです。

タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

実際に利用して評価が高かったポイント

実際に利用してみて個人的にとても満足しましたが、その評価ポイントをお伝えします。

利用して良かったポイント

① タイヤ交換の手順がとにかく”楽チン”
② タイヤの料金が安い
③ タイヤ交換が早かった
④ パンクあんしん保証付き
⑤ ホームページが見やすい

① タイヤ交換の手順がとにかく”楽チン”

タイヤ交換が初めての方は、交換の手順がよく分からないと思います。
僕もそうでした。

しかし初心者でも簡単に手配、交換ができたので、この点は大きなメリットでした。
手順は先ほど伝えた通り、↓これだけです。

タイヤ交換の流れ

① ホームページでタイヤを選ぶ
② 近所の取付店と取付日時を選ぶ
③ 予約日に取付店でタイヤ交換

ネットで選んで、近所の取付店を決めて、予約を入れるだけ。
タイヤも取付店へ直送してくれるので、当日手ぶらで取付店に行って、交換をお願いするだけです。廃タイヤも処分してくれます

たったこれだけで、ディーラーでお願いするより費用も抑えられるのだから、とにかく便利なのです。

② タイヤの料金が安い

今回、僕が支払った費用は、大よそこちら↓でした。

・タイヤ(コンパクトカー)約8,600円×4本
・パンクあんしん保証 3,000円
・取付チケット(廃タイヤ処分付き) 8,000円
合計 約45,000円(税別)

タイヤの料金は、商品にもよるので希望のタイヤで調べて頂きたいと思いますが、僕の場合は、価格コムで9位の価格でした。1位とは数百円ほどの違いです。

タイヤフッドの費用は、公式ページで確認できます。
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

また取付料金は↓こちらです。

取付料金には、バランス調整・ゴムバルブ交換・廃タイヤ・廃ホイール処理も含まれています。

支払い方法は、下記から選べます。

■クレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・Diners)1回払いのみ
■銀行振込
■ショッピングローン
■代金引換(自宅配送のみ)

③ タイヤ交換が早かった

タイヤ交換の作業時間は、各取付店によりますが、僕の場合は30分ほどで作業完了しました。
1時間くらいと説明は受けていましたが、だいぶ早く終わりました。

④ パンクあんしん保証付き

保証には、無料の「ベーシック保証」と有料の「プレミアム保証」の2種類があります。
お好みで申込できます。
僕は24か月保証のプレミアムに申込みました。

プレミアム保証の費用は、購入するタイヤ費用によるのでホームページで見積をしてみてください。
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

⑤ ホームページが見やすい

ホームページが見やすかったのもポイントです。
タイヤに詳しくなくても、直観的な操作で簡単に注文ができました。

スマホからも注文が可能です。

他にもタイヤ販売の専門店はありますが、個人的にはここが一番分かりやすかったです。

タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

タイヤフッドのデメリット/注意点

しかし、タイヤフッドにもデメリットはあります。

タイヤフッドのデメリット

① 製造年月は選べない
② 取付店は提携先のみに限られる
③ 取付日程は、取付店の込み具合による
④ 各地域、業者によってサービスが異なる
⑤ 注文タイヤを間違えないようにする必要がある

① 製造年月は選べない

タイヤの製造年月は選べません
新しいものが来るのか、古いものが来るのかは、届いてみないと分からないです。
僕の場合、4本の内、2本が約1か月前に製造されたもの、残りの2本は約4か月ほど前に製造されたものでした。

個人的には、比較的新しいものだったので良かったなと思っています。

② 取付店は提携先のみに限られる

提携している取付店が、自宅の近所に無い場合があります。
一度ホームページで確認をしてみてください。郵便番号などからすぐに探すことができます。
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

③ 取付日程は、取付店の込み具合による

取付店が込み合っている場合、すぐに対応してもらえない可能性があります。
僕の場合は、土日しか行けなかったので注文から2週間ほど先になりました。

余裕を持って注文することをおすすめします。

④ 各地域、業者によってサービスが異なる

取付店のサービスは、やはりそれぞれの取付業者に依存します。
検索して出てきた業者の中から、評価の高そうなところを選ぶと良いでしょう。

⑤ 注文タイヤを間違えないようにする必要がある

注文は自分で行うので、サイズを間違えないようにする必要があります。
ホームページから車の情報を入力すれば、適合タイヤが表示されますが、間違いないかしっかり確認をしてください。

【タイヤサイズ確認方法(タイヤフッドHPより)】

【おまけ】Amazonでもタイヤ購入・交換は可能

実は、同じようなサービスは『Amazon』にもあります。
今回、僕がAmazonを利用しなかったのは、

・タイヤフッドの方がホームページの見やすかった
・タイヤフッドの方がタイヤが豊富だった

の2点が挙げられます。
もちろん、Amazonも提携先での取付サービスを行っているので、気になる方はチェックしてみてください。
amazonでタイヤ購入・交換

まとめ

タイヤフッドのタイヤ交換の流れは、とてもシンプルです。

タイヤ交換の流れ

① ホームページでタイヤを選ぶ
② 近所の取付店と取付日時を選ぶ
③ 予約日に取付店でタイヤ交換

今回利用してみてとても便利だなと感じたので、タイヤ交換を考えている方は、ぜひ一度検討してみてください。

タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

【Amazon/楽天】お得なタイムセールをチェック!

Amazonや楽天のタイムセールをチェックしていますか?

日用品ファッション家電など毎日お買得価格で登場するので、忘れずにチェックしましょう!

\毎日お買得価格で登場!/【Amazon】タイムセール

\商品は毎朝10時に更新!/
【楽天】タイムセール

【ポイント付与でお得】買い物前にAmazonギフト券へチャージしよう!Amazonギフト券にチャージをするとポイント付与をできるので、かなりお得に買い物ができるようになります。 Amazonで買い物を...